わくわく! うきうき♡ キラキラ☆の時間を!

たくさんの親子に素敵な時間と空間を体験してほしいーーーながの中部こども劇場

↑劇と野外活動に4ヶ月間 参加

生の舞台を観ることで

親子の楽しい時間を作ります

 

すぐれた生の舞台を観、多くの児童文化に触れることは

子どもの感受性を豊かにし、集中力や物を見る目を育てます。

 

いろいろ体験することで

自立した子どもが育ちます

コミュニケーション能力が身につきます

 

あそびや野外活動での体験や感動は、表現力、想像力につながります。

いろんな人たちと接することで生きていく安心感や人を思いやる豊かな心が育ちます。  

親にとっては

のびのび子育てができます

子育ての不安が減ります

 

長野中部子ども劇場は、子どもの育ちを大事にしている会です。

舞台芸術鑑賞とあそび空間は、子どもをみんなで育てる集まりです。

1人ではできないけれど、思いをもつ人たちが集えばできる。

創立49年を迎える子ども劇場を覗いてみてください。

興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。


会員になると参加できる鑑賞会


2月キッズ鑑賞会

「君がいるから」

CAN青芸 公演

日時:2月28日(金)開演18:30

   2月29日(土)開演10:30と14:00

会場:芸術館アクトスペース

 

 

<作品紹介>

 

ある日、ラッキーのご主人様は、ラッキーを置いて引っ越して行ってしまった。結婚をするらしい。

 

ラッキーは、おちょこちょいのご主人様が、自分を忘れて行ってしまったんだと思い込み、新しい家を探しに旅に出た。途中、教授とドンブリという犬(?)に出会い、探すのを手伝ってもらう。
三匹は、カラスに襲われたり、生乾きのコンクリートにはまって身動きがとれなくなったり、そのうえ、凶暴な野犬の群れにも出会ってしまい・・・散々な目にあってしまう。

 

でも、三匹で力をあわせてなんとか困難を乗り越え、やっと探し当てたラッキーのご主人様の家。

 

そしてラッキーはどうなったのか・・・。三匹の犬(?)が繰り広げる友情物語。
(厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財/児童福祉文化賞推薦作品)

 

 

 

<参加者からの感想>

 

たった三人なのに、沢山の場面が目に見えてきました。三人の気持ちが良く分かっておもしろかったです。

 

な~るほど、犬の目線で見ればこんなかな~と思いました。

 

情景描写が巧で見えないものがたくさん見えてきました。

 

教授・ラッキー・ドンブリ、それぞれ味があって素敵でした。

 

「ドンブリはドンブリだ」という言葉が胸にすとんと落ちました。

 

3匹で遠吠えするシーンに涙が出ました。

 

「そうだ、自分は一人じゃない」小学生の子どもたちが、そんな風に気がつく作品だと思います。ぜひ観せたいです。

 

 

 

3人(匹)の友情物語とても良かったです。

 

子ども達にもすんなり伝わるのではないかと思いました。

 

あんな風に自然に思いやれたり、本音が言い合えたらいいのにと思いました。

 

 

 

とても楽しかったです。人間の勝手さ加減に、同じ人間として恥ずかしい。

 

ラッキー、教授、ドンブリの友情、それぞれの個性が光ってました。

 

最後の三匹の遠吠え(?)に涙がにじんできちゃいました。

 

引き込まれて観ていました。ありがとうございました。・・・ドンマイ、ドンマイ!

 

 

 

1人じゃないから、仲間がいるから、困った時、寂しい時も頑張れる。

 

そんな勇気をもらいました。

 

ありがとう。もっと皆で観たいと思います。

 

とても楽しく、最後にじーんとくる芝居でした。

 

装置のないところでイメージのわくすてきな舞台。

 

これからの出会いも楽しみにしています。

 

低学年から高学年まで楽しめて子どもの心に何かを訴え残すだろうと思いました。私は、絵本の「アンジュール」(ガブリエルヴァンサン)を思い浮かべて涙が出ました。

 


3月幼児鑑賞会


「だるまちゃんとてんぐちゃん」

人形劇団あっけらかん公演

日時:3月8日(日)11:00と14:30 

場所:芸術館アクトスペース

 

笑いと元気をお届けします。

ころころ転がるだるまちゃんに喜ぶ子どもたち、小ネタにクスッと笑う大人たち、ダジャレに爆笑する親子。
自由奔放なだるまちゃんに、あちらこちらからツッコミを入れる声や応援する声が上がります。

 

閉演『こぶたがずんずん』

「ずん、ずん、ずん、ずん…」つい口ずさんでしまう曲と同時に現れたのは可愛いこぶたくん。
あんなところもこんなところも、どんな場所もかまわずずんずん進んでいくこぶたくんを応援しているうちに会場は一つになります。

 

【感想】

・面白くて楽しい体験が出来て良かった。もっと、あっけらかん♪さんの劇を見たかった(小3)
・大きなだるまどんが一生懸命うちわや帽子を探してあげる姿が大好き(4歳)
・てんぐちゃんとだるまちゃんの鼻にトンボとスズメがとまるの!?(小2)
・ずんずんはうちの子にそっくりで面白かった。何でも乗り越えていくところが良かった。(大人)
・大好きなかこさとしさんの絵本を人形劇にしてくださりありがとうございます。親子で楽しめました(大人)
・こぶたさんがずんずん進んでいくところがとても好きです。クラリネットもいい音でした。そして、皆さんいい声をしていました。ありがとうございます。(大人)

 

 

 

 

 

 

 

 


3月ティ―ンズ鑑賞会


「THE SHOW」

to R manshion公演

日時:3月22日(祝)15:00と18:30開演

会場:芸術館アクトスペース

 

4人のコメディアンが、変幻自在にいろんなキャラクターに変化し、様々なシチュエーションで魅せるお洒落でウィットに富んだコメディショー。

世界中の老若男女が_手を叩いて爆笑し続ける本作品は、学校文化鑑賞会の体育館や劇場以外の場所でも上演でき、大人気!!

 

上演国(都市):日本(東京・静岡),フランス(アビニョン・パリ),中国(北京・上海・深圳・済南)

 

『この地球の反対側から来た芝居は、あらゆる観客層を夢中にした。』
ーーーDNA(デーエヌアー紙)

 

今後の鑑賞会




幼児 …7月5日(日)「おおかみにはらぺこ日記」11:00・14:30 芸術館アクトスペース

キッズ…6月28日(日)「エルマーのぼうけん」   ホクト中ホール

ティーンズ…6月21日(日)「ポケの一人舞台」15:00と18:30 芸術館アクトスペース


自主活動いろいろ

春夏秋冬いろんな企画の中で、子どもたちの… 親子の笑顔がたくさん見られます。

遊ぶことは、子どもたちの成長になくてはならないもの。

そして、大人(親)も子どもたちと一緒に遊ぶことで癒されたり、子どもの知らなかった力を体験することができます。

 



新着情報・お知らせ


◎ 「ダンボールだるま落とし」と「ダンボール迷路」であそぼう

とき:2月11日(祝)9:30~11:30

場所:古牧公民館(予定)

対象:遊びたい親子(年齢は問いません) 子ども劇場会員

持ち物:ダンボールたくさん(平らにしてお持ちください)

    ガムテープ

    うわはき

申込:2月3日(火)までにご連絡ください

mail kodomone@gmail.com    📞・FAX 224-4593

 

外は寒い2月

室内で思い切って遊びましょう            


◎ 「冬のつどい」

とき:2月15日(土)~16日(日)

場所:女性会館しなのき

対象:子ども劇場会員(大人)

参加者:企画総会で決定した鑑賞会作品を演じてくださる団体のみなさん

    北信越の子ども劇場会員

 

演じてくださる団体の方々と身近に接することが出来る貴重な機会です

作品のことを知りたい方

団体のことを知りたい方

こんなに近くで開催されることがラッキーです

ご参加できる方は劇場事務局の連絡ください

参加費無料 

お子さんをお連れになる場合は別室の託児になります(託児料金は個人負担)


◎ 「雪あそび合宿」 

小さなお子さんのいる親子も安心して参加できます

とき:3月20日(祝)~21日(土)

時間は1月末発行の案内をご覧ください

午後13:00集合を予定していますが、それぞれにご都合で自由にもなります。

場所:妙高青少年自然の家

参加者:年齢は問いません

内容:3月に「雪あそび」ができるのは妙高だからです。

 

小さなお子さんのいる親子

春休みだから時間が取れる親子

友だちと一緒に楽しみたい小学生親子

ちょっと気温が上がるこの時期だから安心して参加できます

定員に限りがあります。ご希望の方は早めに申し込みください。

 


お問い合わせ先

Email:kodomont@gmail.com
Tel:026-224-4593

〒381-0034 長野県長野市上高田1033-4